スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HORNET(ホーネット)お勧めメンテナンス

ダンカンの新しいルーピング機種ホーネットが発売中ですが、メンテナンス方法がわからない人も多いと思うので自分が行っているメンテナンスを紹介したいと思います。

プロトタイプの時はスターが低くてどれだけ締めても使いにくいヨーヨーで
製品版になって初めてパッケージを開けた時、こんなの使えない。。。って思ったけど
短い軸、黄色スペーサーが同梱される事になりもの凄く改善されました!!
確りとメンテしてあげれば十分使えるヨーヨーになります!
まず今までのダンカンのルーピングヨーヨーと異なるのは
フリクションステッカーを貼らなくてよくなるというのが大きいです(笑

※軸が折れる可能性があるので自己責任でお願いします。
※あくまでも一例です、人によって好きなフィーリングは異なると思いますのでオイルやギャップ、ストリングスを組み合わせて最適なメンテナンスを見つけて見てください。

①黒い金属スペーサーと金属スペーサー用の軸が入っていますがすべて外します
ホーネット1

外すのにはダイソーのプライヤーを使っています(使いやすいのでお勧め)
※普通のペンチやプライヤーだと外せない可能性があります
バイスプライヤ

カチッとロック出来るので簡単に外れます。
写真 2013-10-14 23 41 44

②両面に忘れないように付属のワッシャーを入れます
ワッシャー

③ホーネットに付属している短い軸(6.75mm)に交換して黄色いスペーサー、ベアリングを入れます
脱脂したベアリングにオイルを多めに塗ります(両面1滴程)
写真 2013-10-14 23 44 59

④締め込みます
※ここが重要 あまり締め込みすぎると軸が折れます
ヨーヨー側面を持つ感じではなくてキャップ表面を手の平でかぶせる感じで締め込んでいきます。
この辺はナイスペレイダーを作るのと同じ感覚です。すごく説明がしにくい所です。
写真 2013-10-14 23 45 49

⑤ループしながらオイル、ギャップを微調整します
個人的にはカチカチしている状態のルーピングヨーヨーが好きなので
ギャップは狭めですね(ヨリの状態にもよるけど1.3~4本分)

糸は今はKStringsノーマルのピンクを使っています。
ナイロン100%の糸よりスリック6のほうが良いと思います。
写真 2013-10-14 23 48 14


⑥キャップを組み替えて自由なカラーリングを楽しめて普通に使いやすいホーネットの完成です☆
ほね

ルーピングヨーヨーのメンテナンスは奥が深い〜





スポンサーサイト
プロフィール

まろん

Author:まろん
-Team Duncan Member-
Sebastian Brock
Augie Fash
Bryan Jardin
Sean Perez
Zac Rubino
Isaac Sams
Tal Mordoch
Javier Augusto Martinez
Janos Karancz
Viktor Kollar
Jan Paprstein
Ian Loh
Jason Kao
Takayuki Kuriyama
Hidemasa Semba
Yoshihiro Abe
Chris Makita
Kazuaki Sugimura

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。